POPS SAVE THE INSOMNIAC

<< Easy Action | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
RaidWorld Festival@SHIBUYA-AX 04.26
Human Highway祭りというかTemporary Residence祭りというか、日米のポストロック/インストミュージックを得意とするレーベルが微妙にクロスオーバーしている、なんかそんなようなものに行ってきました。このライブで特徴的だったのは出演バンドがExplosions in the Skyを除いてすべて日本のバンドであると言う事。国内でも国外でも特に変わらない目線でアティテュードを発信する事はなかなか難しいように思うのですけども、毎日毎日『羞恥心』を鼻歌で歌ってたりうっかり原宿からAXに向かってしまったばっかりに、ケツメイシの代々木競技場第一体育館待ちの人波に埋もれちゃったりしてると忘れてしまいそうになるのですけども、国境を感じさせないバンドというのが日本にもある程度、確実にいるというこの事実。

world's end girlfriend

お目当ての人がいきなりトップバッターで。ずっと観たかった。
唯一VJを使用していて、昔ネットで見たようなソロ弾き語り風ではなくてバンド編成。ストリングスはなくてサックスとドラムとギター。ドラムはセンターに鎮座していました。
前田さんは右端に座ってギターを掻き鳴らすという。たぶん『Hurtbreak Wonderland』が中心で、百年の窒息とか11羽のカラスとかやってたような気がします。前述のように一応ドラムは生っぽいんですがどうにもバックトラックに呑まれ過ぎで、轟音のパートでギターは狂気じみた勢いでガッとノイジーに爆発しているけど後は打ち込みの音しか聴こえて来ないという最悪の音響。激しく失望したと言う事は無いけど、個人的にまた当分観られなさそうなので残念な思いはあります。ワンマンで真価を発揮する人(達)なんでしょう。そうに決まってる。

envy

多分出演者の中で一番解りやすく大多数のファンを抱えてそうだったenvy。名前からしてこう、ひとりマニピュレーターをちょこちょこと弄りながら、アコギなんかで軽く弾き語ったりしながら綺麗系の歌声で酔わせてくれる女性シンガーを想像してた私みたいな阿呆は多分ほとんどいなかったわけですあの場には。見事なまでに厳ついヴォーカリスト。ツインギターとベースとドラム。あれ、6人編成じゃなかったっけ。

この手のバンドのセオリーからはちょっとだけ外れて、のっけからトップスピードでコアな爆音を炸裂させてイニシアチブを取った後に繊細さを打ち出したメロディで「あれ?」と思わせておいてまた轟音、余韻は少し憂いを帯びた感じで、という曲展開が印象的。ヴォーカルの展開も絶叫→語り→絶叫。ハンパしてんじゃねーよコラというチャンピオンないしヤングキング感が4組中で一番漲ってて清々しい。日本語なのに歌まったく聴き取れなかったけど清々しい。メロディラインにはツボにハマる瞬間も多かったけど、絶叫系のヴォーカルってちょっと聴けなくなっちゃったかなーとも思えて今ひとつという印象になってしまいました。

MONO

実はシングルだったというWEGとのコラボ作ぐらいでしか聴いた事のないバンドではありましたが、これライブ体感するとすごいなと。すごいみんな真摯。一音一音にとても真摯。時に染み渡り、時に流れていく音を細大漏らさず拾い集めるのにこちらも必死。

CDでは儚さだとか切なさだとか、そういう脆くも美しい的な部分が際立って聴こえるんだろうなという音世界。ライブでは激情3割増しな風に聴こえました。聴いてて印象に残ったのは、envyほど両極端な静と動ではなく、ローとトップの間に設けられたセカンドギア的な部分と、その密度の高さ。
静と動の間の助走と言うかあそびというか、非日常と次の非日常の間の日常というか、とにかくその虚ろな空白に幾重にも塗り込められた様々な色彩。それがたまらなく美しく、狂おしく響くのです。長くも無いだろうけど決して短くも無い道程の中で彼らが築き上げてきたものっていうのをちゃんと1つの音像として俺にも見せてくれる。聴かせてくれる。それをダイレクトに感じることが出来たっていうのが嬉しかったと、まあそういうわけなんです。良かった。

Explosions in the Sky

各バンド約1時間ずつセットを消化して、ここでTemporary Residenceのドン、真打の登場。聴き始めて日は浅いですが楽しみにしてました。右端の人がやけに流暢に日本語でMCをしていて、なんだこの親日家っぷりはと感嘆したのも束の間、彼は誰憚る事無くカンペ片手に喋っていて、という。それでも掛け値なしに巧かったですけど日本語。

そして演奏ですが、彼らの奏でる音は完全無欠に美しい。構成は演者の中ではMONOよりはenvyやWEGに近く、ポストロック的なジャンルの常套展開なのですけど、静謐から怒涛への移行に非常にソツが無いんです。まさにバンド名を体現するような勢い。朗々と日本語でMCをしていた件の右端の人はドラマーのプレイに割り込んで、1つのドラムを2人で叩く仲睦まじさを発揮してみたり随所に茶目っ気も見せつつテクニックとエモーションとを一遍の泥臭さも無くきらびやかに発露してみせる熟達のライブ。圧巻はツインギタリストとベーシストによる、叩きつけながら弾く、そのまま楽器も叩きつけてしまいかねないパフォーマンス。エレクトロニカ/ポストロックまたはマスロック周辺のドラマーさんには殊更に緻密なプレイと膨大な手数が要求されるもんだとは思いますが、このアンサンブルは来て良かったと思わせるに足る充足感。アンコールを期待する拍手も高まる中、予想に反してノーアンコールでお開きという無常感も、そりゃあれだけの名演ですものまた醍醐味かなと。

演出の関係で全体的に照明は暗めで、MONO以降はまだ見やすかったですけど、WEGのステージングが壊滅的に観づらかったのも個人的には憂うべきところで、今度こそワンマンでWEGを観ると言うのが生涯の抱負になりました、という感じで。
| LIVE2008 | 09:33 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:33 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/07/03 1:55 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/01/17 6:14 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/02/08 12:18 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/02/13 11:03 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/03/10 5:37 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/07/03 1:19 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/06/12 6:21 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/26 6:32 PM |









http://psti.jugem.cc/trackback/975


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
           
OTOLOG
                 
          http://otolog.jp/psti
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS
サーチ:
キーワード: