POPS SAVE THE INSOMNIAC

<< Tenniscoats / Tan-Tan Therapy | main | Tiny Little Hammer >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
The Mars Volta / The Bedlam in Goliath
B000ZK4466The Bedlam in Goliath
The Mars Volta

Universal Japan 2008-01-29
売り上げランキング : 222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


延期に延期を重ねても1年半という素敵なインターバルで活動するMars Voltaの4枚目。

作品を発表するたびにそのバックボーンにも注目が集まる彼ら、今回はウィジャ盤で遊んでいた事によってバンドを取り巻いた混乱が基になってるようななってないようなそんな感じなんですって。

正直前作を聴いた時のらしくなさというか物足りなさはもっともっとすごい名盤のための小休止みたいなアルバムだと思っていて、前作があったからこそより強い期待を持って新作を待っていたんですけれど初聴の段階では反射神経が今一歩、てとこですか。

『Aberinkura』を1曲目に持ってきてリピートに特化させた作りや、新ドラマーのもたらすグルーヴ感は“緻密な混沌さ”という点ではものすごく洗練されていて、聴き込んで行けばバンドの方向性的にはかなり良いアルバムと思えるかもですが、前作の時にも多分書いてますが緩急の鋭さや瞬間の爆発力といった、スローイン・ファストアウトのあからさまさみたいな一瞬で世界がガラリと変わってしまうカタルシスというか走り屋の生き急ぎ感みたいなものこそ彼らの魅力というのも間違っていないと思うので、そこがまだマイルドに聴こえてしまうところがどうしても残念に思ってしまうのです。

ただやっぱり何かしら次に期待させてくれる面を備えてはいて、そこがこうもう1枚、もう1枚となかなかこちらを引き返させてくれない中毒性はまさにコックリさん、いやさウィジャ盤のよう――とか無理矢理絡めて見ましたけどダメですか。すみません。
| DISC | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:46 | - | - |









http://psti.jugem.cc/trackback/955


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
           
OTOLOG
                 
          http://otolog.jp/psti
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS
サーチ:
キーワード: